Shoko Nakagawa – Once Upon A Time -Kibou No Uta-

Shoko Nakagawa – Once Upon A Time -Kibou No Uta-

会いたくて、会えなくて、あの夜
どこまでも、どこまでも、歩いた
梦を见て、梦を舍て、それでも
もう一度、もう一度、信じた
rururu… rururu…

“爱してる”
この想いが心をきっと繋いでゆく

でも仆らは知らない
自分が谁か
どんな役目があって生まれて来たのか
どこでいつめぐり逢えるんだろう
时をこえて 希望の歌がきこえる

忆えていますか 日が暮れ始めて
急いだ川沿いの帰り道は远かった

谁も心に たった一本のろうそくを持ってるのさ
それは“命”という名前持つ美しい炎なんだ
ささやかな光だけど 足元照らしてくれるよ
风に消えそうな夜は その手かざそう

“爱してる”
この想いが明日をきっと繋いでゆく

でも仆らは知らない
谁かのために
自分が道标になっていること
星のように 辉けること
时をこえて 希望の歌がきこえる

会いたくて、会えなくて、あの夜
どこまでも、どこまでも、歩いた
梦を见て、梦を舍て、それでも
もう一度、もう一度、信じた
rururu… rururu…

LEAVE A COMMENT

0 comment