Rina Katahira – Namae (なまえ)

Rina Katahira – Namae (なまえ)

覚えたての鏡の文字で
一生懸命書いた手紙を
いつも喜んでほめてくれた

大事にしまっておいてくれてた
時々母は泣いてて 父は怒ってた
聞きたくなくて兄はテレビを見てた
ただ皆がいればうれしかった
あの団地は今もあるのかな

大人になればいずれ気付く
うっとうしいくらいの愛を
歩くことを覚えた日から
もうひとりの人になる

母にもらったこの名前を
いつか綺麗に咲かせたい
父から受けついだ名前を
いつか立派に旅立ちたい

古里に咲く菜の花
5月になると黄色い花
負けず嫌いなくせに泣き虫で
走り回ってよく転んだ

補助輪はまだ外せなくて
追いかけても 追いつかない
お下がりは少しはずかしい
クラスでひとり白いリコーダー

大人になれば忘れていく
与えても与えられた愛を
歩くことを覚えたあとも
ひとりでは生きれない

出て行かないで
玄関先でしがみついた
争うのは見たくないけど

はなればなれはもっと嫌だよ
補助輪はもう外れたから
もっと遠くへ行けるんだ
お下がりだけどうれしいよ
マウンテンバイクは速いから

母にもらったこの名前を
いつか綺麗に咲かせたい
父から受けついだ名前を
いつか立派に旅立ちたい

LEAVE A COMMENT

0 comment