Nana Mizuki – Junketsu Paradox

Nana Mizuki – Junketsu Paradox

朧夜に流れ落ちる口遊ぶ声は
空谷をかごやかにゆらら舞い踊る
手を伸ばせば消えゆく束の間の夢に
見えない愛を翳して独り微笑むの

虚ろな月影をなぞるしなやかなその指先に
すべて解かれ委ねてしまう
あぁ…燃ゆる秘め事

無弦の琴-調べ- 迷宮-楽園-に誘う
歌う程に美しく絡み合う永却(とわ)の記憶
思いの露は貴方を求めて
枯れることなく この暗海(そら)を染め上げ
輝き続けるでしょう

まだ残る闇の隙間に響く絹鳴り
喉を伝う色音にふわり酔いしれる
幾重にも刻まれた甘美なる幻に
小さな幸せ映して震えるの

冷ややかな光湛える さ迷う星達をさらう
暁の眠りは深く
あぁ…止められないの

天泣(てんきゅう)は彼方 未来を示して
祈るように降り注ぐ 静寂-しじま-を彩っていく
滲む傷跡貴方を探すの
汚れなき願いは結葉(むすびば)のよう
寄りそう日を待ってる

いざよう浮雲放つ確かな金打(かねうち)に
揺さぶられ心はもう…

忘られぬ花の雫は濡れた溜息へと変わる
すべて包んで優しく溶かす
あぁ…もう戻れない

無弦の琴-調べ- 迷宮-楽園-に誘う
歌う程に美しく絡み合う永却(とわ)の記憶
思いの露は貴方を求めて
枯れることなくこの暗海(そら)を染め上げ
輝き続けるでしょう

LEAVE A COMMENT

0 comment