Nakazawa Yuko – Urara

Nakazawa Yuko – Urara

花のお寺に 届く
ひと足早い 春便り
梅の蕾みが 煌りと光り
梢の鶯 啼くばかり
貴方を追って 小走りに
生きて来た 人生の
巣立ちの旅に 思い出を
納めに 来ました

うらら 春麗ら うらうら うらら
うらら 春麗ら うらうら うらら

苔の山門 上る
石段途中で 立ち尽くし
幻影の霞が 白く煙って
貴方の笑顔が 遠離る
迷う事なく 真っ直ぐに
貫いた この愛を
貴方のために 幸福を
願いに 来ました

うらら 春麗ら うらうら うらら
うらら 春麗ら うらうら うらら

愛し人の 心が
御百度踏んで 変わるなら
詮無い事と わかっていても
零れた涙の 波の紋
私のどこが 嫌われた
繰り返す 問い掛けに
答え出せない 愚かさを
縋りに 来ました

うらら 春麗ら うらうら うらら
うらら 春麗ら うらうら うらら

LEAVE A COMMENT

0 comment