Maison book girl – Faithlessness

Maison book girl – Faithlessness

僕らは罪悪感の中で
2度目の朝はゆるされなかった
窓から同じ景色を見てた
小さな川の写真を破って流した

自ら何かを壊してみては
冷たい手首を掴んでいたよ
涙も信じれなくなって
悲しいカーテンは揺れてた

足音を聞いて
嘘ばかりついて
ベッドは森の
中で燃やしたの

裏切られて。裏切るの。
いつも。

性的過去だけが邪魔して
部屋には何か潜んでいたの
窓から同じ景色を見てた
小さな川の色は変わってた

本当はいつも
手を振った景色を
願っているの
泣き崩れながら

叶わないよ。許せない。
僕は。

裏切られて。裏切るの。
いつも。

LEAVE A COMMENT

0 comment