Keisuke Kuwata – Kimi E No Tegami (君への手紙)

Keisuke Kuwata – Kimi E No Tegami (君への手紙)

空を眺め佇む
羽のない鳥がいる
水のない川を行く
櫓(ろ)のない船を漕ぐ
キミはいつも 冷たい雨に打たれ
傘もささずに 旅をする

波音に消えた恋
悔やむことも人生さ
立ちどまることもいい
振り向けば道がある

だからボクが 夢の欠片集めて
キミに捧げる 歌がある

いとし Brothre, sister, mother & father
時計の針を止めて
サヨナラと出逢いの繰り返し

ひとり 夢追って 調子こいて
こんな男のために
よく まぁバカが集まったな

重い荷物降ろして
時には遊びに行こう
燃える夏を過ごせば
実りの秋が来る

キミ と ボクは 同じ空の青さに
魅せられながら 生きている

昔 Brothre, sister, mother & father
夜中のラジオで聴いた
ハートを切なくさせた歌よ

やがて 恋に落ちて 愛を知って
希望が胸に溢れて
涙の味も 覚えたよ

いとし Brothre, sister, mother & father
時計の針を止めて
サヨナラと出逢いの繰り返し

ひとり 夢追って 調子こいて
こんな男のために
小粋なバカが集まったな

LEAVE A COMMENT

0 comment